日本のムーンショット目標から未来を推測して投資先を考えることも面白い

ムーンショットイメージ投資
デメ男
デメ男

皆さん、ムーンショット目標って知ってますか?

少し前から内閣府のホームページに載るようになり、都市伝説好きや私のようなオタク気質がある平民にとってはワクワクする内容となっています。

内閣府に書いてあるページをそのまま載せると下記のように書いてあります。

ムーンショット目標

1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

2.2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現

3.2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現

4.2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現

5.2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

6.2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現

7.2040年までに、主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現

出典:内閣府HP、ムーンショット目標ページを一部抜粋

色々と書いてありますが、簡単にまとめると、

  • 2050年までに技術革新によって、人類を進化させ、産業も生み出し新たな時代を作っていく

感じですね。

SF映画のようなことを国をあげて本気で取り組もうとしています。

投資をしていない頃の私だったら、ムーンショット目標を読んだところで、

デメ男
デメ男

ふ~ん。ムーンショットって…。私が子供の頃に流行ったアニメ、美少女戦士セーラームーンの必殺技かぃ?

で終わってしまいますが、(今もやっているようです。)

投資真っ最中だと、

デメ男
デメ男

これからムーンショット目標に関わるような企業に投資をしたら…。その投資金もある意味ム~ン(高騰)!!するんじゃないか?

という欲望が渦巻くようになりました。(だいたいこういう欲が出ると損をする確率が何故か高くなるんですけどね…。笑)

実現するとしても、まだまだ先の話ですし、もしかしたらムーンショット目標がコケる政策になるかもしれませんが、

個人的には少しだけ便乗してみるのも悪くはないのかなと思います。

スポンサーリンク

ムーンショット目標で恩恵を受けそうな投資先

仮にもこの計画が進んでいくのであれば、どの企業が関わってくるのか?

明確なことは発表していないので、推測でしか判断できませんが、ムーンショット目標はテクノロジーを駆使しないと実現出来ないモノのが殆どです。

なので、ロボットやAI(人工知能)、半導体、クラウド、ソフトウェア、自動運転などのテクノロジー系の企業が特に恩恵を受けそうです。

内閣府ムーンショット目標ページ出典:内閣府HPムーンショット目標ページ、一部抜粋

日系企業で例としてあげると、

通信技術半導体ロボット
NTT(日本電信電話)
KDDI
ソフトバンク
楽天
信越化学工業
SUMCO
ファナック
キーエンス
菊池製作所
安川電機

などですね。

他にも医療や環境分野、3Dプリンターの活用もムーンショット目標に入っているので、それらの分野の企業を自分で探して、そこの株に投資をするのも面白いと思います。

関連しそうなETFや投資信託でも良いですね。

ただ、気をつけて欲しいのは、日系の企業だけが採用されるとは限りません。

私たちがApple製品や検索にGoogleを利用しているように、アメリカ企業のモノが採用されることもあるかもしれないので、

投資をするとしても、イメージ的には余剰の更なる余剰資金で投資をするような感じで良いと思います。

なぜムーンショット目標をやるのか?

そもそも、何故このような計画が日本で生まれたのか?

基本的にそんな画期的なことを昔から日本はやらないイメージでしたが、

  • 少子高齢化
  • 自然災害
  • 地球環境問題

などの課題に対して、

日本は『科学技術』を駆使して解決する方法を選んだようです。

逆に言うと、そこまでしないと日本の今ある問題に対して、対処できないぐらいまでいっているということでもありますね。

スポンサーリンク

机上の空論で終わらないかもしれない

日本の内閣府が掲げているムーンショット目標はSF映画みたいで、

やんちゃboy
やんちゃboy

こんな風にならないっしょ?無理無理無理無理っ~!!

と思うのが当然ですよね。正直、半信半疑です。

ただ、私が子供の頃はインターネットがなく、辞書で色々と調べていた時代でした。

それが30年ぐらいしたら、疑問に思ったことをスマホで検索すれば答えが出てくる時代になりましたし、

通信技術以外にも流通システムや医療なども発展し、生活はより便利になっています。

そう考えると、もしかしたら本当に実現するかもしれません。通信技術も10年ごとに、1Gずつ増えて進化していますしね。

  • 1G(第1世代)1980年~【アナログ通信(携帯電話)】
  • 2G(第2世代)1990年~【アナログからデジタルに代わりインターネット開始】
  • 3G(第3世代)2000年~【データ通信が高速化、画像や音声データのやり取り可能】
  • 4G(第4世代)2010年~【スマートフォン誕生。高画質映像、大容量のデータの通信速度が高速化】
  • 5G(第5世代)2020年~【4Gよりも通信が高速化し、色々な端末(家電や時計など)にインターネットを同時に接続することが出来るようになる。IoT(Internet of Things)の誕生】
  • [予想]6G(第6世代)2030年~【5Gよりも発達し、医療の遠隔手術、VR観戦(オンラインゲーム含む)、宇宙まで通信エリア拡大など画期的なことが起こる】

今の所、6G(第6世代)までの予測は出ています。7G、8Gは私の妄想です。

下記妄想

  • 7G(第7世代)2040年~【メガネがスマホ代わりになる。一部の人類が脳にチィップを埋め込んでテレパシーのようなことが可能になり、アバター(遠隔ロボット)も自在に操るようになる】
  • 8G(第8世代)2050年~【人格や記憶をクラウド上に移せるようになり、肉体という概念が変わってくる。ある意味で人が永遠の命を手に入れる…笑】

7G、8Gの妄想は無視してもらって構いませんが、この調子で行けば、2050年までには7~8Gになる予定です。

7G、8Gになる連れて、今より生活が便利になっていることは間違いないのかなと思います。

研究も今の段階で、ロボットの動き方もかなりスムーズに動きますし、また、天才起業家のイーロン・マスクさんがニューラリンクという会社で脳とコンピュータ(インターネット含む)を繋ぐ実験もしています。

 

イーロン・マスクが進める「脳とコンピュータをつなぐ技術」、ここまで来た|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
<イーロン・マスクは、ヒトの脳とコンピュータをつなぐ「ブレイン・マシン・インター...

 

これが本当に実用化されれば、ムーンショット目標も机上の空論ではなくなりそうです。

日本のトヨタもムーンショット目標に便乗?

トヨタが最近になり、Toyota Woven City(トヨタ・ウーブン・シティ)構想に本格的に乗り出しました。

ムーンショット目標と似ているので、日本政府も関わって行くのはわかりませんが、トヨタも本気で未来の創造に取り組みます。

Woven Cityとは、いろんなモノがインターネットに繋がり、サービスを受けたり提供したりする、未来の実証都市構想です。

初めは研究者やその家族360人ほどに移住してもらって、将来的には2000人が暮らす町にするそうです。

NTT(日本電信電話)やパナソニックもこのプロジェクトに加わります。

今後どうなるのか?個人的には楽しみにしています。

まとめ:ムーンショット目標が実現しないにしても、国が掲げている目標なのでそこそこの資金は動くと思う

ムーンショット目標が実現するのかしないのかは2050年まで生きてみないことにはわかりませんが、

国(内閣府)が掲げている目標なので、自ずと資金と人が集まり、計画が進んで行くと思っています。

内閣府もこの計画はハイリスク・ハイインパクトと言っているので、実現の難しさは物語っていますが、真面目に取り組む予定です。

このムーンショット目標に便乗しようにも、どの企業が関わってくるのかは発表していないので、あくまでも予想するしかありません。

個人的には、通信技術は確実に使うので、

  • NTT(日本電信電話)
  • KDDI

辺りが鉄板ですね。

あとは、食糧や環境問題に対しての代替え肉企業やAI(人工知能)、クラウド事業だと思っています。

※ムーンショット目標に対しての投資対象銘柄や分野は個人的な意見です。オススメしている訳ではないので、投資をするとしても自己責任にてお願い致します。
投資
スポンサーリンク
デメ男をフォローする

↓【ネット最大手SBI証券口座開設】↓SBI証券[旧イー・トレード証券]

↓【単元未満株独自のタイムセールがあるLINE証券】↓
LINE証券

↓【単元未満株も米国株も少ない資金で投資が出来るpaypay証券】↓

 

株取引で決算書を読むときには、『世界一楽しい決算書の読み方』【(著者)大手町のランダムウォーカー】を愛用しています。決算書の読み方がよくわからない人にオススメです。


 

マネーリテラシーの向上には、『本当の自由を手に入れる お金の大学』【(著者)両学長】が幅広く色んなことを学ぶことが出来ます。この1冊で大体のことは把握できます。


 

活字だらけが苦手な人で、マネーリテラシーの向上を目指したい人は、入門書としてハイボールおじさん(山崎さん)が資産運用の基本を教えてくれる漫画『マンガでわかる シンプルで正しいお金の増やし方』があります。短編集となっており、漫画の中で色々と論破する姿は勇ましいです。


 

デメキンの投資生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました