ビヨンドミートの株に投資をして失敗しました…。

2021年12月、ビヨンドミートイメージ投資

ビヨンドミートの株に投資をして、気付いたら購入時より-約50%となっていました。

半値です…。

2021年12月ビヨンドミートのチャート出典:tradingviewより

洋服や食材などのセールなら最高ですが、株価の半値は色んな意味でヘコみます。

散々なビヨンドミートの株価に対して、

大株主のビルゲイツ風な人も

外国人A
外国人A

おぃ!マジでふざけんじゃね~よ~!?株価の下落っぷりにメガネが割れたよ~!役員いろんな意味でアンインストール(削除)すっぞ!

な気分だと思いますし、

同じくビヨンドミートに投資をしているとされている

ディカプリオ風な人も

外国人B
外国人B

沈むのは株価じゃなくて、俺が出演してたタイタニック号だけでいいんだよっ~!このままじゃ、俺の気分と資産が沈んじゃうよ~!

と言うかもしれません。

ついでに私も

デメ男
デメ男

お~い!12月の時期にとんだクリスマスプレゼントだぜ…。こんなプレゼントいらねぇ~よっ!

と愚痴らせて頂きます。

では、何故ビヨンドミートが下げ続けてしまったのか?

主な理由としては、

  1. 決算がずっとダメ
  2. 人工肉の分野が他社にとって参入し易い
  3. 12月の損出し+空売り圧力を喰らってる

この3つだと思います。

スポンサーリンク

ビヨンドミートは決算がずっと悪く株価は下がり安い

ビヨンドミートは上場してからというモノ、一向に良い決算を出していません。

というか、ずっと赤字で悲惨な結果です。

2021年12月ビヨンドミート業績出典:マネックスより

良い決算を出さない企業の株なんて長期で誰も持ちたくありませんし、そのような株は一般的にクソ株化します。

ビヨンドミートはまさにそれですね。

ビヨンドミート側の言い分としては

  • 新型コロナウイルスによって消費が落ちた
  • 悪天候の影響
  • 労働力不足による流通の遅れや研究コスト増

などと言っています。

ただ、ビヨンドミートの株をアホみたいにホールドしている私からすると、ずっと同じような『いいわけ』をしている感じがします。

シャ乱Qのいいわけ状態ですよ。(知らない人すいません…。昔、流行ったバンドです。YouTubeで検索すれば出てくるので暇なら聞いてみて下さい。私の青春です…笑)


人工肉への関心が高まっているのに、ビヨンドミートは競合のインポッシブルフーズやその他のブランドに市場を奪われているという話もあります。

そんな状態では決算も良くなりませんし、株価もパッとしなくなるのは必然です。

人工肉の分野が他社に取って参入し易い

人工肉(代替肉)はビヨンドミートの専売特許ではありません。

参入し易すく、ライバルが多いです。

実際に中国企業やネスレ、日本企業(日本ハムや丸大食品など)でも人工肉を販売していたり、販売を予定しています。

市場のライバルが多くなるということは、市場を独占しにくくなり、価格競争に巻き込まれて思うように利益が出せなくなることもあるので、このようなレッドオーシャン市場は確実に苦戦します。

現時点で競合に負け始めてるビヨンドミートは、今後人工肉分野で勝ち抜くには投資家に厳しいと判断されているのかもしれませんね。

12月の損出し+空売り圧力を喰らってる

ビヨンドミートの株が下げている要因の1つに『損出し』があります。

損出しをされる銘柄は一般的に『クソ株』と言われる銘柄が多いです。

12月に掛けて株価絶賛下落中のビヨンドミートは、栄えある損出し銘柄として選ばれた可能性があります。

株価も業績も冴えてませんからね…。

※損出しとは、年末に損失を確定させて、その年の利益や配当にかかる税金を相殺すること

また、こういった銘柄は損出しの時期に空売りを喰らいやすいです。

アメリカのYahoo!financeによると、ビヨンドミートの株はShares Short (空売りされている株数)は19.19Mの1919万株で、Short % of Float(市場に出ている株の何%が空売りされているか)は35.98%となっています。

2021年ビヨンドミートの空売り比率出典:yahoo!financeより

市場に出ている株数の35.98%が空売りされれば、そりゃ株価は下がります。

空売りも株価下落に一役買っている感じです。

ビヨンドミートの株にまだ期待をするのか?

クソ株化してきたビヨンドミートの株に期待をするのか?と言われれば、気持ち的には『期待はしたい…。』とだけ言っておきます(笑)

ただ、こういったロマン銘柄は数万円ぐらいのお試しで買っているので、最悪なくなってもいい資金でやっています。

正直、メインで当社の株を買うのは、あまりオススメしません。

こんな風に玩具にされている銘柄はホールドするのもキツいですからね。

もしかしたら、低迷時から復活して、テスラ株のようになるかも?

という淡い期待もありますが、先のことはわかりませんし、

待ったとしても何も変わらずに、待ちすぎて即身仏のように私がミイラになってしまうかもしれません。

まとめ:ビヨンドミートのようなロマンを求めた株への投資は失敗して火傷することもある

ビヨンドミートのような上場して間もない企業の株はそれなりに魅力はあり、当たれば大きいです。

しかし、その反面コケると偉いことになります。

最近ではアメリカのマクドナルドの一部店舗で、試験的に販売されていたビヨンドミートの人工肉が全店舗で販売するかもしれないという報道も出ています。

ビヨンドミートの株はポジティブな噂で株が買われて、現実がいつも良くないので毎回売り圧力が強いという印象です。

現状、ビヨンドミートは決算も株価も最悪で投資対象としては残念な結果となっており、

仮に当社の株の購入を検討しているのであれば、私のように大火傷をすることもあります。

トータルで見ても決算が良くならない限りは、かなり注意が必要な銘柄だと思うので、投資をするなら色んな意味で気をつけましょう。

投資
スポンサーリンク
デメ男をフォローする

↓【ネット最大手SBI証券口座開設】↓SBI証券[旧イー・トレード証券]

↓【単元未満株独自のタイムセールがあるLINE証券】↓
LINE証券

 

株取引で決算書を読むときには、『世界一楽しい決算書の読み方』【(著者)大手町のランダムウォーカー】を愛用しています。決算書の読み方がよくわからない人にオススメです。


 

マネーリテラシーの向上には、『本当の自由を手に入れる お金の大学』【(著者)両学長】が幅広く色んなことを学ぶことが出来ます。この1冊で大体のことは把握できます。


 

デメキンの投資生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました