【さとふる】で家計の負担を減らすためにふるさと納税にチャレンジ【メリットとデメリットも公開】

ふるさと納税イメージ日常生活ネタ

さとふるにて、節約を兼ねてふるさと納税をしました。

さとふる は、登録自治対数が約800も有り、サイトも見やすいと言われています。【2020年10月現在】

また、大手ソフトバンクグループの会社なので、利用する安心感はありますね。

さとふるの口コミでは、

さとふるのサイトは使いやすい

返礼品が届くのが早くて良い

という声が多く、

実際に利用してみましたが、ふるさと納税サイトの利用率が高いということもあり、ふるさと納税、初心者の私でも見やすく、使いづらい点はありませんでした。

さとふるホームページ出典:さとふるホームページ

では、なぜ数あるふるさと納税サイトから、さとふるを選んだのか?

ただ単に、

デメ男
デメ男

おっさんの勘っ!!

ってやつではありません(笑)

メリット、デメリットを比べた上で、ちゃんと選んだつもりです。さとふるにはどんなメリット、デメリットがあるのか?

これから、

  • さとふるを利用しようと考えている人
  • さとふるはどんなところなのか

と、思っている人がいたら、

この記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

さとふるのメリット

さとふるのメリットとしては、

  1. サイトが見やすく初心者でも使いやすい
  2. 大手グループ会社で安心
  3. サポート体制がしっかりしている
  4. キャンペーンも定期的にやっている(約月1回ペース)
  5. 返礼品の速度が他の納税サイトより早い

と、計5点あります。

利用する側としては、助かることが多いので、利用率が高いのも納得がいきます。

サイトが見やすく初心者でも使いやすい

さとふるのサイトは見やすく、ふるさと納税始めての私でも迷うことなく利用できました。

自分が興味のある返礼品を探すのにも、特集別やランキングで色々と載っているので、探しやすいです。

気になる返礼品も、お気に入りに登録することが出来るので、

あの返礼品どこの自治体だったっけ?

ということも、なくすことが出来ます。

その他にも、サイトがスマホ対応しているので、スマホからでも寄付は出来ます。寄付の決済もクレジットカードやコンビニ決済など幅広く使えます。

さとふるに載っている自治体は、100%クレジットカード決済が可能なので、クレジットカードのポイントを貯めたい人にも喜ばれています。

大手グループ会社で安心

さとふるはソフトバンクグループの会社の1つです。

SBプレイヤーズ株式会社の100%子会社で、このSBプレイヤーズはソフトバンクの100%子会社です。

ちょっとややこしいですが、ざっくり言えば、さとふるはソフトバンクグループということになります。

大手が付いているだけ有り、サポートやセキュリティのノウハウもあるので、安心して、さとふるのサイトを利用できますね。

サポート体制がしっかりしている

さとふるのサポート体制はどんなものがあるかというと、ふるさと納税コンシェルジュ のさとみさん(チャットボット)が、会員登録をすると常に質問に答えてくれます。

さとみさんは自動返答のため、いつでも365日休まず、こちら側の質問に答えてくれます。

上手く、さとみさんと話が嚙み合わなければ、お客様サポートセンターもあり、電話やメールでも対応してくれます。

サポート体制はバッチリです。

キャンペーンも定期的にやっている(約月1回ペース)

さとふるはキャンペーンも定期的にやっています。

3と8が付く日に、1万円以上寄付するとAmazonギフト券が抽選で貰えたりします。

他にはレビューを書いたり、アンケートに答えたり、こちらも抽選ですが、同じようにAmazonギフト券が貰えることもあります。

これらは、キャンペーン期間中にしかやっていませんが、定期的にやっているので、利用する側からしたら楽しみが増えます。

返礼品の速度が他の納税サイトより早い

なぜ、さとふるの返礼品のスピードが早いのかというと、自治体の事務手続きをサポートしているからです。

少しでも早く返礼品を受け取りたいという人は、さとふるを活用した方が良いと思います。

会員登録をすると、返礼品の配送状況がわかります。透明性もあり、返礼品の状況が一目でわかるのは、安心感があります。

さとふるのデメリット

さとふるのふるさと納税サイトにも、デメリットに感じる部分はあります。

デメリットとして、

  1. 独自のポイント還元がない
  2. 会員登録をしないと利用できない

の2点あります。

独自のポイント還元がない

独自ポイントがないのは残念ですが、独自ポイントがあると、定期的にキャンペーンが出来なくなる可能性もあります。

ポイント還元は、結局のところ、会社負担になることが多いです。負担もなしに、ポイント還元が出来るのは有り得ませんからね。

ポイント還元をやってしまえば、キャンペーンもやりずらくなり、キャンペーン自体がなくなることもあります。

それに、さとふるのキャンペーンの方が、他のふるさと納税サイトよりも、抽選に当たれば、還元率が多いこともあります。

ただ、利用する上で、

やんちゃboy
やんちゃboy

確実にポイント還元がほしいっ!

と言う人には、デメリットになる部分です。

会員登録をしないと利用できない

さとふるは会員登録をしないと、利用することは出来ません。

会員登録をすると、色んなサポートを受けられますが、それよりも、会員登録をするのに抵抗がある人には、さとふるは向いていませんね。

そもそも殆どのふるさと納税サイトは、会員登録をしないと利用できないので、それに抵抗がある人は、ふるさと納税をするのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

さとふるにてふるさと納税の会員登録の流れ

ふるさと納税サイト、さとふる にて、何も登録していない状態で、ふるさと納税にチャレンジしてみました。

やり方としては、まずは初めてなので、さとふるのホームページから【会員登録(無料)を行う】を選びます。

さとふる手順1出典:さとふるホームページ

メールアドレスを入力します。

さとふる手順2出典:さとふるホームページ

【個人情報取扱い規約等の利用規約に同意してメールアドレス確認メールを送信】のボタンを押します。(念のため、規約には目を通した方がいいです。)

さとふる手順3出典:さとふるホームページ

さとふるからメールが送られてきます。認証を完了させます。

次に会員情報の入力で、パスワードと電話番号を入力して、会員登録を完了させます。

さとふる手順4出典:さとふるからのメール

記入完了後、さとふるから登録完了メールが来ます。これで会員登録は終了です。

さとふる手順5出典:さとふるからのメール

その後、さとふるのホームページにログインをし、会員登録情報の確認・変更で、寄付者の情報を入力します。(氏名や住所など)

これは人により省いてもいいですが、省いた場合は利用する度に毎回入力することになるので、面倒な人は登録をしておいても良いと思います。

用意が出来たら、ふるさと納税に進みます。

今回はトイレットペーパーをさとふるでgetです。

さとふる手順6出典:さとふるホームページ

岐阜県本巣市、高品質のイタリアの技術を用いた、新エンボス加工のトイレットペーパーにしました。

これでお尻をデリケートに保ちます。評価もそこそこ高いです。

これをカートに入れます。【この地域の寄付手続きへ進む】を押します。

さとふる手順7出典:さとふるホームページ

個人情報取扱いや利用規約に同意するをチェックして、寄付情報の入力へ進みます。

会員登録情報に氏名や住所を登録しておけば、そのまま入力された状態で出ます。

サラリーマンで今年は確定申告をしないので、ワンストップ特例制度の利用をします。

さとふる手順8出典:さとふるホームページ

ワンストップ特例申請書がすぐに欲しい人は、入力後にマイページからダウンロードして使えます。

支払い方法を選び入力して終了です。

さとふる手順9出典:さとふるホームページ

寄付金の使い道を指定出来るようなので、産業と雇用にしてみました。これで、さとふるのふるさと納税は終了です。そこまで、難しくはないですね。

その後、ふるさと納税申し込み完了メールが来ます。

まとめ:最後は好みになるが、さとふるは個人的には良いと思う

ふるさと納税サイトはたくさんあります。

さとふるにだけ、限ったことではありませんが、メリットとデメリットは少なからず、どのふるさと納税サイトもあると思います。

メリットの部分は、そこまで気にすることもないですが、デメリットの部分はどこまで許容出来るかですね。

最後は利用する側の好みの問題にもなってきます。

個人的には、さとふるのサイトは使いやすく、サポート体制もしっかりしているので、メリットデメリットを踏まえても、良いふるさと納税サイトの1つだと思います。

↓↓【さとふる公式サイト】↓↓

最後にふるさと納税の注意点

ふるさと納税の注意点としては、寄付額上限を超えないことと、ふるさと納税は寄付をしたら終わりではなく、

  • 確定申告をするか
  • ワンストップ特例制度を使うか

必ずこのどちらかを自分で行う必要があります。

これをしないと税金の控除を受けることが出来ないので、しっかりとやっておかないといけません。

手続き的には面倒なところもあるかもしれませんが、ふるさと納税をすることで家計の節約に大きく貢献出来るのは間違いないです。

誰でも出来る節約術になるので、ふるさと納税を利用しても、損はしないと思いますね。

 

下記関連記事です。ふるさと納税サイトの『ふるなび』について書いています。

 

 

タイトルとURLをコピーしました