株式投資で思い込みの感情心理によって後悔しないために

株式相場イメージミニ株

株式投資をすると、初めは企業分析をしたり、財務表の数字をみたりと、理論的に動くことが多いですが、

実際に市場に参加をすると、途中から何故か心理的に動くこともあります。

相場はナマモノですから、個別株でも内部的要因や外部的要因によって、上に動いたり、下に下がったりと毎日株価は変化します。

そんな動きの中で、保有している株や、狙っている株が気になることもあります。

  • 株をもう少し安値で買いたい
  • 保有株がもっと高値になってから利益を確定しよう

などとしている内に、不確実な未来を勝手に予想し、行動してしまいがちです。

本当に予想した通りになればいいのですが、誰も未来を予知することは出来ないので、全くそれとは反することが起こってしまい、

最終的に利確が遅く損してしまったり、狙っている株を買えず後悔したり、ということも出てきます。

中には、予想が当たることもありますが、永遠に予想が当たることはないです。

先輩投資家たちが感情で動いて損をしている事例もありますし、それに関連した投資の格言もありますね。もうはまだなり、まだはもうなりという言葉です。

これは自分が狙っている株が買い時だと思ったら、そんなことはなくまだ下がっていったり、売り時だろうと思って株を売ったら、まだまだ上がっていったりするということです。

株式投資あるあるです。

人の感情的な心理なんて、あてにならないと言った感じですね。

こういった感情で動いて後悔する確率を少しでも減らすためにも、やはり個別株もルール作りはした方がいいかなと思います。

スポンサーリンク

感情的になると冷静な判断がしにくくなる。心理的にもルール作りは大切。

日常の生活でもそうですが、人は感情的になると視野が狭くなり、どうしても心理的に思い込みが激しくなって冷静になれないこともあります。

株式投資でそれをやってしまうと、利益が縮小してしまったり、損失が拡大したりと金銭的ダメージを被ってしまいます。

保有している株がこうなるだろうと、予想するのはいいですが、思い込みは危険です。

しかし、人間だから感情心理があって当たり前です。だからこそルールを決める必要があると思います。

ルールはだいたい

  • キャピタルゲイン投資(差益)なら買ったときより○%上がったら利確するとか、○%下がったら売る
  • インカムゲイン投資(配当)なら○%下がったら買い増しする

などと決めておいた方が無難です。

自分なりに色々と決めておくと、心理的にも楽になると思います。

割り切るときは、割り切る

株式投資の心理戦を避け、ルールを決めても、

  • あのとき、こうしておけばもっと儲けたのに。
  • 損切りしない方が良かった…。

と思い、ヘコむことはあります。

なにやら恋愛と似てますね。あのとき、あの人と別れない方が良かったみたいな感じです。

恋愛も株式投資も、だらだら考えても仕方ありません。

後悔をしないように、経験を次に生かすことをした方がいいです。

ただ、私を含め強くない人もいます。鋼鉄のハートの持ち主以外は、一時的でもヘコむときはヘコんでいいと思いますね。(前に進むためにも、ずっとへこむのはやめましょう。)

まとめ:機械的に動くことも大切

相場に慣れて、どんなときも機械的に動ける人ならいいですが、やはり感情というモノがある人間はそうもいかないことも出てきます。

株式市場に触れれば触れるほど、気づかない内に感情が出てきて、心理戦のような感じになることもあります。

投資をする人がそれで良ければいいですが、そうでなければ、しっかりとルールを決めて、出来るだけ機械的に動くことをやってみてもいいかもしれませんね。

ミニ株
スポンサーリンク
デメ男をフォローする

↓【ネット最大手SBI証券口座開設】↓SBI証券[旧イー・トレード証券]

↓【単元未満株独自のタイムセールがあるLINE証券】↓
LINE証券

↓【単元未満株も米国株も少ない資金で投資が出来るpaypay証券】↓

 

株取引で決算書を読むときには、『世界一楽しい決算書の読み方』【(著者)大手町のランダムウォーカー】を愛用しています。決算書の読み方がよくわからない人にオススメです。


 

マネーリテラシーの向上には、『本当の自由を手に入れる お金の大学』【(著者)両学長】が幅広く色んなことを学ぶことが出来ます。この1冊で大体のことは把握できます。


 

活字だらけが苦手な人で、マネーリテラシーの向上を目指したい人は、入門書としてハイボールおじさん(山崎さん)が資産運用の基本を教えてくれる漫画『マンガでわかる シンプルで正しいお金の増やし方』があります。短編集となっており、漫画の中で色々と論破する姿は勇ましいです。


 

デメキンの投資生活ブログ
タイトルとURLをコピーしました